プロフィール

これからも淡々と適切な執筆を続けていきます。 ‪「断罪のマキャベリズム」は7月末まで延長致します。 ‪よろしくお願い申し上げます。‬

ブックマーク

一覧

  • もし脚本が現実になったら、君はどうする?

    ♡96,889

    〇685

    文芸/純文学・連載中・48話 永原はる

    2020年7月7日更新

    大学に入学したダンは、映画研究サークルの部室にて出会った美鈴先輩を、自らのヒロインに設定する。 彼女を籠絡せん、と決意するダンに、彼女は依頼を申し出る。その内容は、キャンパスの外れ、或る研究棟の一室に引きこもる「吾妻」という男から映画の脚本を受け取ってきて欲しい、というものだった。 しかしどうやら、それからダンのストーリーは大きく変わっていくことになる。 身の回りに起きる不可思議な出来事たち。それは、吾妻の脚本に記述された物語に酷似していた。 それらが意味すること。即ち。 彼の脚本が現実を改変させている、ということだった──。 2020/7/5 ジャンルを【現代ファンタジー】から【文芸】へと移動しました。

  • 日記(フィクション過多)でお送りします

    ♡6,850

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・3話 ちほろ

    2020年7月7日更新

    この作品は、乙一著『小生物語』に感銘を受け、現実と虚構をまぜこぜに書いた日記である。 ワタクシは何を隠そう三日坊主である。究極の飽き性である。よっぽど一日の中で特筆すべきものがなかった時、または面白いことが現実に起こった時、或いは締切から現実逃避したい時に更新されると思われたし。

  • 愛されたくて淋しくて、自分がキライ。

    ♡58,150

    〇1,040

    文芸/純文学・連載中・51話 白雪冬桜

    2020年7月7日更新

    お兄ちゃんのことが好きで、尊敬しています。 パパとママのことはどう思っているのか分かりません。 自分のことはキライです。 いつも心配です。 お兄ちゃんに嫌われたらどうしよう。 冷たくされたらどうしよう。 誰からも愛されなかったら、どうしよう。 心が寒いので、温かいものを下さい。 ※不定期更新です。

  • おめぇ、かむらた山さ行ぐんじゃねぇよなぁ

    ♡75,300

    〇0

    ホラー・連載中・67話 混沌加速装置

    2020年7月7日更新

    夏の休暇を山で過ごそうと電車に乗った「私」は、車掌のすすめで聞き慣れぬ土地『かぢな』で降りることに。土地の人間の冷ややかな態度を横目に、宿泊施設を目指して分け入った登山道で次々とおかしな人々に遭遇する「私」。無愛想な下山者、藪の中に住む老人、兎を抱えた子供。所々に散見する奇妙な事象の疑問を胸に、猫の動向を追った「私」の前に異様な人工物が姿を現す。

  • 毎日、夜21時更新。見てくれてありがとう

    ♡18,200

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・85話 カルラ

    2020年7月7日更新

    日々暮らしていて考えたことを書く場。 自分語りをする場。 書く内容一覧(順不動) ・うつ病の話 ・PTSDの話 ・トラウマの話 ・家族の話 ・友達の話 ・飼っているペットの話 ・恋愛の話 ・小学生の頃の記憶 ・中学生の頃の記憶 ・高校生の頃の記憶 ・大学に通っていた時の記憶 ▪️ たくさんの閲覧、本当にありがとうございます。今作が私の心の救いになっております。 まさか、こんなにたくさんの方に見て貰えるとは思っていなかったので驚いています。 ほとんど暗い内容にも関わらず、一目でも目を通していただいて嬉しい限りでございます。 今後とも「とろろ」を、よろしくお願い致します。