プロフィール

女魔法使い

羽田宇佐

Lv   :10

ジョブ :ひよこ剣士

称号  :読書家

アバター:女魔法使い

頭痛の国の住人。 小説家になろう、カクヨムにも生息。 https://twitter.com/hane_haneusa

作品

一覧

ブックマーク

一覧

  • おいしい科学をご賞味くださいm(__)m

    ♡126,640

    〇3,560

    純文学/文芸・連載中・45話 神岡鳥乃

    2019年9月20日更新

    生活サイクルが夜型の大学院生、塔山うららは、ある真夜中の研究棟、刃物を持った女性と出くわします。 不審者と思われたその女性は、うららと同じく夜型生活の大学院生、鳥見川 氷彗でした。 彼女は研究棟の休憩室で、料理を作っていたのです。 流れで一緒にごはんを食べることになった2人は、それから少しずつ料理を通して仲良くなっていきます。 さて、今日の夜食は何でしょう? 以下のサイトでも連載しています。 カクヨム、小説家になろう、LINEノベル

  • 貧乳短文自虐エッセイ これが貧乳の叫びだ

    ♡63,748

    〇2,570

    エッセイ/コラム/評論・連載中・96話 橘 ちさ

    2019年9月22日更新

    『大和撫子とエトランゼ』 慎ましく、控えめで、美しい 大和撫子—— のような胸。 つまり貧乳。 多様化した食文化により変化したと言われるバストサイズの推移。 日本人女性のバストサイズの平均はAからCへと上り詰めた。 一方、取り残され、虫の息で暮らす貧乳たち。 巨乳の声は大きく、貧乳の気持ちは誰にも届かない。 この悲痛な叫びよ、誰かに届け……! * * * 貧乳の日常生活やら小言をひたすら綴るだけのエッセイです。 あくまで作者の主観です。 お胸のある皆さま、 どうかその豊満なバストのように寛容な心で見守ってください。 * * * 気分転換に書き始めた作者の吐き溜め。 だって貧乳の悩みに共感してくれる人いないんだもん。 * * * ※こちらはカクヨムで投稿していた作品です。

  • 僕は、父の歩んできた道に何を見たのか。

    ♡3,550

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・13話 しいら

    2019年8月25日更新

    最近、父が亡くなった。 父が残したのは地下深くに掘り下げるように作られた、大きな水槽の中に飼われた人魚と、古びた手記だった。 僕は興味本位で頁をめくり、父と彼女の生活をなぞる。

    タグ:

  • 空に住むJKは地上に夢見た

    ♡2,200

    〇100

    SF・完結済・1話 秋澤えで

    2019年8月4日更新

    「ねえタピオカって知ってる?」 自衛国防機関機動部隊、通称JKは宇宙から飛来する生命体と対抗するための機関だ。JK訓練生は10代女性の中でも選ばれた人間だけがなることができる。JKは空にある基地で何不自由なく暮らすことができていた。 生命体との総力戦を控えた、二人のJK訓練生の最後の1週間。 monogatary.comのお題『決戦前夜の眠れないJK』お借りしました。 重複投稿予定

  • 百合サイバーパンク&ファンタジーです。

    ♡1,000

    〇0

    SF・連載中・2話 菱沼みずほ

    2019年7月26日更新

    人類が光を越える航法を開発し、宇宙に進出して数世紀。 最盛期には200億を数えた人類だが、その多くは地球を捨て外宇宙へと居住空間を求めた。 地球型の惑星は数少なく、惑星に住める「祭祀」とかつて各惑星外縁に作られたコロニーなどの廃棄された空間に住む「稚仔」と呼ばれる二種類に人類は大別された。 祭祀は科学技術の恩恵を受け平等な感覚を。 稚仔は廃棄された汚染物質の影響を受け、特定の優れた感覚を持つ種族へと進化していった。 これは宇宙のどこかにある惑星 華雄(かゆう)とその外縁に配置されたコロニー偏忌(へんみ)を舞台とした、異質な二種族の物語。